40代薬剤師の中途採用事情を知ろう

薬剤師中途採用TOP >> 年代別事情 >> 40代薬剤師の中途採用事情を知ろう

40代薬剤師の中途採用事情を知ろう

薬剤師の求人状況を見てみると、30代の求人が数、種類ともに一番多いという傾向が見られます。そして、40代になるとだんだんその数が減っていく傾向にあります。そのため、40代になって転職を考えているのであれば、できるだけ早いタイミングで決断を下した方が、より自分の希望に合った転職先を見つけられるでしょう。

特に、未経験でも応募できるという条件で中途採用情報を出している企業は少なくなってしまいますので、今までのスキルと経験を活かした転職をすることになります。ドラッグストアや調剤薬局などの、医薬品販売系の仕事では、特に厳しい応募条件はなく、薬剤師の資格を持っていれば応募できるというところが多く見られます。それほど長い実務経験がなくても、社内での研修制度などがありますので、無理なく仕事を覚えていくことができます。

もちろん、しっかりとした実務経験を持っているのであれば、より良い条件での転職を果たすことができるでしょう。こうした中途採用を実施しているケースでは、実務経験が5年から7年以上あること、といった具体的な応募条件を課していることが多くなっています。そして、若手の薬剤師をまとめる仕事を任されることが多くなり、店長やエリアマネージャー、管理薬剤師といった形で業務を行うことになります。医薬品に関する知識だけでなく、経営や社員教育などの付加的なスキルが求められるようになりますが、やりがいと充実感を持ちながら仕事を続けられるでしょう。

研究開発系の業種であれば、40代はかなり経験と実績が積み重ねられてきますので、好待遇での転職ができるチャンスとなります。中途採用で1,000万円を超える年収を提示している企業も多く、実績を積んだ薬剤師は、即戦力として活躍する場を与えられます。その際には、企業側も、今までどんなプロジェクトに携わってきたか、どんな実績を具体的に残してきたかなどを確認したいと思っていますので、効果的に自分の能力と経歴を紹介できるようにすることが肝心です。

40代になると、家庭の事情が変化したり、体調の変化が出てきたりしやすくなります。そこで、ある程度ゆとりを持って仕事を続けられるように、福利厚生が充実した会社を選ぶ重要性が増します。有給休暇の消化率が高いところや、サービス残業がないところ、保険制度がしっかりとしているところなどを見つけられるように、細かな募集情報を確認すると良いでしょう。

薬剤師の中途採用の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の中途採用.com All Rights Reserved.