一般企業の薬剤師中途採用

薬剤師中途採用TOP >> 基礎知識 >> 一般企業の薬剤師中途採用

一般企業の薬剤師中途採用

一般企業においても薬剤師の採用を進めているところが多く、そのため中途採用でも、一般企業で働き始めることが可能となっています。特に化学薬品や治験業務を行なっている一般企業の場合、医薬品等を取り扱わなければならないため、必ず一人は管理薬剤師をおかなければならず、そのため薬剤師資格を所有する方を求人するケースも多くなっているのです。

特に最近では外資系企業など製薬会社、CROやSMOなども増えており、それに伴い求人件数も増えています。一般企業における薬剤師求人は非常に人気が高い一方、大半の一般企業勤務の場合営業職に転職するケースが多いため、薬に関して内勤で仕事をすることができるという機会が少ないのも注意すべきポイントと言えます。

一般企業における企業管理薬剤師や治験コーディネーター、臨床開発モニターなどの仕事を行なっている薬剤師の数は増えています。特に外資系企業が日本の市場に多く参入し始めている現在では、よりその裾野が広がっていることがわかります。一方国内に参入している企業ではなく、アメリカなど現地の一般企業または研究機関に進むことを目指して留学する薬剤師の方も増えています。これはアメリカなどのほうが薬剤師の立場が保護されていたり、またはより上級クラスとして扱われたりする現実があるため、身分の改善を求めて外国へと渡るケースが増えています。実際国内企業において薬剤師の知識・経験を求める一般企業の多くがMR職や営業職であるため、現状国内企業が抱える問題を改善していくことも重要な命題と考えられます。

一般企業での中途採用を目指す場合、いかに自分のキャリア・実績をアピールできるかがポイントになります。企業管理薬剤師を目指す場合、処方や症例に応じた健康管理、服薬指導、調剤・OTCにおける実績がどれほどあるのかをアピールできるかが重要です。MR職などの営業職に関しては、これまでの営業実績があればそれは大きなプラスポイントになるので、しっかりアピールしましょう。一方研究職や開発職に関してはあまり求人も多く掲載されないため、倍率が高くなってしまう傾向が強いので、これまでの研究実績や論文制作実績があれば、それをアピールするようにしましょう。また以前に新薬開発に携わった経験がある場合は、それを伝えることも忘れてはいけません。

企業研究を行なったり、または実際の現場の雰囲気を感じたりするためには転職支援サイトを利用すると良いでしょう。

薬剤師の中途採用の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の中途採用.com All Rights Reserved.