薬剤師の中途採用の面接対策は

薬剤師中途採用TOP >> 基礎知識 >> 薬剤師の中途採用の面接対策は

薬剤師の中途採用の面接対策は

薬剤師の中途採用における面接対策として、やはり自分の素直な仕事への姿勢、将来的なビジョン、人柄などをきちんと伝えていくことが大切です。面接対策を行う際は、いかにその姿勢などを伝えられるのかを、事前にシミュレーションし、本番でなるべく自分の言いたいこと、相手からの質疑に対し素直に応えられるトレーニングを行なっておくことが肝心です。

単純なミスで自分の評価を貶めてしまうのは、非常に残念なことです。まず面接前に必要な履歴書や職務経歴書などで、文体や様式が間違っている、記入すべき項目が記入されていない、記入されていることと実際の内容に乖離がある、写真に問題がある、などは言語道断です。面接ではそれらの書類があって初めて成立するものであり、それらに問題・不備があると面接自体にも影響してしまうので、かならず履歴書・職務経歴書などは何度もチェックした上で提出するようにしましょう。

実際の面接時においては、いかに自然体でありながら自分を魅力的にアピールすることができるかどうかが重要になります。薬剤師としての経歴やキャリア、スキルなどをアピールすることはもちろん、自分という人間・人柄についてもきちんと伝えられることができるかどうかが重要になります。薬局や企業においても、人間関係によって成立する職場であり、調剤薬局の場合調剤実績ももちろん大切ですが、患者対応や服薬指導も重要な仕事になるため、人柄に問題があると判断されると不採用になってしまいます。また薬局によっては調剤実績は未経験でも、人柄やポテンシャルに魅力があると感じた場合採用されるケースも多くあるため、実績やキャリアだけではなく、自分という人間がどういう人材であるのかを上手にプレゼンできるようになることも、重要な面接対策となります。

また中途採用に向けてどのような努力を行なってきたのかを伝えることも重要です。たとえば認定薬剤師制度にもとづいて勉強をしたり、または資格取得を行なったりといった点は非常に大きなプラス評価につながります。他にも普段から努力していること、アンテナをはっていることなどについても伝えられるように整理しておくことが大事です。また退職理由や志望動機は何度も確認し、相手方にきちんと真意が伝わるようにしておかなければなりません。自分のスキルと希望する処遇にあまりに乖離がある、退職理由に問題があるなどと判断されると不採用になるので、整合性を確認し、問題がない状態にしておきましょう。その際転職支援サイトの面接対策サービスを利用するのもよいでしょう。

薬剤師の中途採用の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の中途採用.com All Rights Reserved.