製薬会社の薬剤師中途採用

薬剤師中途採用TOP >> 基礎知識 >> 製薬会社の薬剤師中途採用

製薬会社の薬剤師中途採用

製薬会社における薬剤師の役割としてはMRまたは薬事業務、市場調査や学術研究などの仕事を任されることとなります。この中でも特に多いのがMRですが、薬剤師資格を活用するといった点で新薬の開発や研究、関係各所との承認申請に関わる折衝などを行うことができることから、求人に応募される機会も増えています。

製薬会社においても、セクションごとにその役割や求められるスキルは異なるため、薬剤資格を活かしてどのようなキャリアプランを持っているのか、自分の中で明確にしておかなければなりません。それによって目指す部署、役割、そして将来的なビジョンも異なってきますので、まずは自分がどういった道を進み、どのような仕事をしたいのかを明確にしておきましょう。製薬会社でMRなど営業職に進む場合は、薬剤師資格はあまり重要とはなりません。しかしながら資格を有していることで知識や専門性といった面で大きなアドバンテージを持つことになりますので、給与面や処遇、将来的なポストという点では優遇される可能性を秘めています。

一方、研究職・開発職に関しては薬剤師資格は必須であり、さらに大学院など学術的な面での専門性を持っていることが必要とされるケースがほとんどであるため、簡単に中途採用によって転職できるセクションではありません。また営業職などに比べて圧倒的に募集人員も少なく、また求人掲載頻度も少ないため、厳しい転職活動が予想される部署になります。

製薬会社で働くことを志望する際、何を目的に製薬会社へと転向するのかを自分の中で明確にしておきましょう。調剤薬局から製薬会社へと転向する場合、その仕事内容が大きくかわってしまうため、何を目的としているのか今後のビジョンを明確にしておかなければ、面接などにおいてもその点を指摘され満足の行く返答ができなければ不採用になってしまいます。薬局勤務から見えてきた自分のやりたいこと、目指したいことを整理し、会社においてそのことでどう役立てられるのか、貢献できるのかを伝えられるようにしましょう。

また製薬会社への転職をより確実にするためには、転職支援サイトを活用するのがおすすめです。最近では外資系の製薬会社も積極的に求人を行なっており、そういった現場で必要なスキル、実績などを専属コンサルタントが教えてくれます。また実際の現場の雰囲気、人間関係、給与待遇についても色々教えてくれて、より条件が良くなるようサポートしてくれます。製薬会社への転職を希望する場合はまずは転職支援サイトに無料登録して、情報を集めてみるのが良いでしょう。

薬剤師の中途採用の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の中途採用.com All Rights Reserved.