公務員の薬剤師中途採用

薬剤師中途採用TOP >> 基礎知識 >> 公務員の薬剤師中途採用

公務員の薬剤師中途採用

まず公務員には国家公務員と地方公務員がありますが、実は国家公務員の薬剤師として働きたい、転職したいとした場合、薬剤師の資格は必ずしも必要とはなりません。しかしながら面接などの際に資格がある方がその専門的な知識やスキルを評価されますし、また実務経験があれば中途採用において大きく評価されますので、資格がある方がより優遇される傾向にあります。一方地方公務員の薬剤師として働く場合には薬剤師の資格が必要になります。

公務員として働くためには、国家公務員の場合は国家一種または国家二種、地方公務員の場合は地方上級試験に合格しなければなりません。薬剤師をはじめ、医療系資格は地方上級扱いになるため、地方上級試験に合格することが必要となるわけです。試験の時期は決められており、公務員採用時期になると各省庁や自治体などのホームページ上に試験概要等が掲載されますので、それをチェックして実際に試験に臨むことが必要となります。さらに試験合格後、採用面接などを経て実際に中途採用されるかどうかが決定します。中途採用で公務員薬剤師を目指す道はなかなか厳しいものになりますが、しかし一度公務員として採用されれば一般企業とは異なり、安定した生活を獲得することができます。

基本的に公務員の薬剤師の仕事は患者の容態や病状、または医師からの処方箋に応じた調剤やOTC業務ではなく、医薬部外品や化粧品の製造販売業等に関する相談や許可監視を行なったり、食品衛生や環境衛生に関するチェックや検査を行なったり、地域の衛生管理、健康被害を未然に防止する研究を行なったりするものがメインと言えるでしょう。もちろん県立病院、公立病院に勤務することで、病院薬剤師のような処方箋に応じた調剤実務等を行う仕事も、公務員薬剤師の仕事の一つとなります。

これから公務員の薬剤師を目指す場合、まずは各自治体や関係各所の情報をしっかり学び、採用時期に合わせて行動を起こすことが重要です。また公務員試験についても事前に学び、しっかり学習を行なっていかなければなりません。公務員試験の合格率は決して高くはなく、狭き門であることがわかっているため、中途半端な勉学では合格できるものではありません。採用人数に関しても中途採用の場合少数であることがほとんどのため、事前に情報を集め、また効率のよい対策を行っているかどうかがキーとなります。転職支援サイトでは公務員薬剤師の転職についてもサポートしていますので、こういったサービスを利用するのも重要な事です。

薬剤師の中途採用の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師の中途採用.com All Rights Reserved.